Profile of Nu room record

■ pass with TAKAHIROre-salvo from I LOVE FOOTWORK with SHISYO■ FUNKMAN with CHIKARA■ ortocombo with PIROKI

RYOakaDJ226 profile

Ryo Hirama

History Of RYOakaDJ226

 中学生の頃、元気が出るTV「ダンス甲子園」を見てダンスに興味を持つ。当時はストリートダンスの情報がほとんど大分県には入らなかった。入った情報だけをヒントにひたすら仲間達と反復してたのを今でも覚えてる。高校生になって活動範囲を広げ、福岡、時には大阪まで足を運んでいた。高校生時代最大のターニングポイントは、テレフォンショッピングというチームでファイナリストになった「JAPAN DANCE DELIGHT Vol.2」だろう。あれから更にダンスへの向上心が高まったと思う。

 高校卒業後、仲間達と共に上京。学生時代、ジャンルという知識があまりなかった為、ストリートダンスと呼ばれるほとんどのジャンルをやっていた。そのせいか、東京ではすでに異色のダンサーとして捉えられていた気がする。上京後しばらくはB-BOYシーンによく足を運んでいた。その後、今までやってきたジャンルすべての要素を一つにして表現するチームとしてSYMBOL-ISMを結成。数々のイベントに出演させてもらい、ダンサーの本質的な部分を一番学べた時代だった。一緒に上京したTAKUYAというダンサーがいなかったら俺というダンサーは存在しなかったと改めて思う。

 帰省後、ダンススタジオ「studio egg room」をオープン。九州でも人口の少ないHOUSE DANCEをメインにスタジオを展開し今に至る。九州に戻ってからは、I LOVE FOOTWORK / pass / ortocombo / FUNKMAN の4チームで「JAPAN DANCE DELIGHT」のファイナリストという経験を持つ。その他にも、BLACKMAN / HIPHOP LOVITS / Rhythm Life Apartment としても活動。スタジオインストラクターの他に、日本全国のダンスコンテスト、ダンスバトル、WORKSHOP等でも活躍中。
 インストラクター実績としては、九州最大のバトルイベント「CARNIVAL」で数人の優勝者を輩出したり、日本で初めてのBLACK STYLE KIDS HOUSEチーム「SARU」を生み出した。B-BOYシーンでは、2011年度の BATTLE OF THE YESR 日本代表の「nine states b-boyz」大分組の師匠的存在でもある。今現在も「mochahouse」「smooth-n」「salvock」といった県外でも活躍できるダンサーを輩出。今後も続々と個性あるダンサーを輩出していく予定。

 「人生にリハーサルはない」という言葉を大事にし、海をこよなく愛し続ける踊り子である。
 長女りずむ、次女ねいろの2人のプリティーガールの父親でもある。